分野別取り組み 「立体トラス」

テクノトラスは様々なサイズに対応できるため、スポーツ施設・ターミナル・工場・倉庫などの大空間建築から、展示場・店舗・太陽光発電架台等の中小規模まで使用可能です。
屋根材を含め、いろいろなパターンのご提案が可能です。

テクノトラスの取り組み

bnr_efforts_eco_1a
  • テクノトラスは軽量でデザイン性に優れた構造体。少ない柱で構成でき、使用用途が広がります。
  • 溶接や高額の球形ジョイントを使用した従来の工法と全く違った接合方法により、短工期で経済的な立体トラスを提供しております。
  • スポーツ施設・エントランス・工場・などの建築分野、太陽光発電設備架台などいろんな方面で採用されています。
  • 立体トラスから屋根まで、責任施工で対応致します。
pic_efforts_truss_2
テクノトラス・ジョイント部

テクノトラスのメリット

bnr_efforts_truss_2a

重量鉄骨等の搬入が困難で費用がかかる、離島や狭い搬入経路等の施工場所に最適。

bnr_efforts_truss_2b

一般構造用炭素鋼管STKを使用。接合方法は建築基準及び日本建築学会の鋼構造設計基準・鋼管トラス構造設計施工指針に準拠し、高い強度の構造体を実現。

bnr_efforts_truss_2c
bnr_efforts_truss_2d
  • ジョイント部は高力ボルト・スペーサーで構成する新技術によりコストを削減
  • 溶接不要
  • シンプルで高強度
  • 組立が簡単で早い
  • 高精度で高い信頼性
pic_efforts_truss_3
bnr_efforts_truss_2e
pic_efforts_truss_4
※2 トラスを地上で組立てるか、屋根で直接組立てるかは、建築条件や施工場所の状況・トータルコスト等を考慮して選びます。

鋼製部材

pic_efforts_truss_5
※2 トラスを地上で組立てるか、屋根で直接組立てるかは、建築条件や施工場所の状況・トータルコスト等を考慮して選びます。
bnr_efforts_truss_3b
パイプ 一般構造用炭素鋼鋼管(JIS G3444) STK400
防錆処理:溶融亜鉛メッキ
ボルト 摩擦接合用高力六角ボルト・ナット(M12~M30)(JIS B1186) 強度区分F8T(溶融亜鉛メッキ処理)
構造用トルシア型高力ボルト(M16~)
強度区分F10T
座金・スペーサー 一般構造用圧延鋼板(JIS G3101)SS400・SS490
防錆処理:溶融亜鉛メッキ
弦材
pic_efforts_truss_6
斜材
pic_efforts_truss_7

関連施工事例