最大規模6万枚!増上寺大殿 チタン成型瓦に屋根総葺き替え

2021年11月30日
ニュースリリース

金属加工技術で本瓦そっくりな風合い

最大規模6万枚!チタン成型瓦に屋根総葺き替え

大本山 増上寺(東京港区)

元旦ビューティ工業株式会社(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役社長:舩木亮亮)は、
まもなく建立50年を迎える大本山増上寺(東京都港区芝公園)大殿の屋根瓦総葺き替え工事に「本瓦棒元旦チタン成型瓦」を採用いただき、この度竣工致しました。

施工面積4235㎡・約6万枚のチタン成型瓦(厚さ0.3mmの屋根葺き替えは国内最大、世界でも類を見ない規模の改修工事となります。

DJI_0075

【元旦チタン成型瓦で本瓦の風合いを再現】

増上寺浄土宗開宗850年慶讃事業の一環として行われた大殿屋根の総葺き替えは、戦災で焼失し1974年に再建されてから初となります。
厚さわずか0.3㎜のチタン材を高精度な加工技術と成型によって、改修前の本瓦の風合いを再現しています。参道から見上げる大殿屋根は
チタン成型瓦ながら本瓦と遜色ない仕上がりです。

当社は現代の技術で、歴史ある建物を未来へつなぐ、長寿命化に貢献いたします。

【地震や台風による屋根被害を防ぐ】
屋根を軽量化することで、建物躯体の負担を軽減し耐震性が向上します。増上寺大殿は従来本瓦屋根と比べて110軽量化を実現しています。
さらに空気層を設けた屋根桟の内部は、結露水を外に排出する構造によって腐食を防ぎ、木材や釘・ビスを使用しない施工法は年月を経ても強度を維持し、地震や台風による屋根飛散を防ぎます。

心木を使わず、内部腐食を防ぐ構造

神仏、土足で屋根を踏まず、汚さない傷つけないバッキング工法】 

一般的に文化財の屋根修理では、修理中の建物を風雨等から保護するための「素屋根」で長期間に渡り建物全体が覆われてしまいます。

当社特許技術の「バッキング工法」は、棟から軒先に向かって古い屋根を剥がしながら新しい屋根を施工するため、屋根内部への雨水の浸入を防ぎます。
素屋根を建てる必要がなく、工期とコストを大幅に削減し、さらに施工済みの新しい屋根を踏まないため、0.3mmの薄いチタン材を汚さず、傷つけません。
施工が終了したところから屋根足場・囲いを解体することができるので、参拝者への配慮にも繋がります。

 

施工が終わった場所から新たな屋根を拝める_DSC0331
【大本山増上寺】

東京都港区芝公園にある浄土宗の大本山。1393年創建、本堂である大殿は戦災により焼失した旧大殿の復興として、昭和491974年)に完成。徳川家の菩提寺としても知られ、世界中の人々を迎え入れる首都圏を代表する寺社の一つ。

増上寺大殿竣工

【事業概要】
■事業名            : 増上寺浄土宗開宗850年慶讃事業 (浄土宗大本山増上寺大殿屋根瓦総葺き替え事業)
■事業主            : 大本山増上寺
■所在地            : 東京都港区芝公園
■設計・施工監理: 清水建設株式会社
■チタン材   : 日本製鉄株式会社
■屋根製品・施工: 元旦ビューティ工業株式会社
■施工規模         : 4,235(チタン成型瓦約6万枚) 
■竣工               : 202110月  (202010月着工)

増上寺大殿 竣工写真→ https://www.gantan.co.jp/works/14543/