元旦ビューティ工業株式会社

マルクヨクサンキュー 0120-09-49-39

屋根形状図

規格

  • 有効幅:355mm
  • 曲げ半径:10m以上
  • 勾配:5/100以上
Point
01

大型建築の技術を用いて
高強度・高水密

大型建築向け屋根材「マッタラールーフ7型」の技術を用いた「マッタラールーフ7型Ⅱ」は、完全嵌合式のハゼにより高強度・高水密。

雪や台風に強く落ち葉が入らない「元旦内樋」を合わせて軒先に設置することでさらに機能性と強度を向上させ、屋根先端までシャープな水平ラインをつくります。

断面図

材質・板厚

材質板厚(mm)
フッ素ガルバリウム鋼板0.4
カラーガルバリウム鋼板0.4

その他の材質・板厚については多少納期を必要とします。ご相談ください。

「マッタラールーフ7型Ⅱ」と一般スレート屋根の断熱性能比較

マッタラールーフ7型Ⅱ

一般スレート屋根

※室内側表面温度は、屋根面付近温度80℃、室内温度27℃に設定し、熱貫流率から野地材の表面温度を算出しています。
算出した計算は、参考値です。性能を保証するものではありません。

Point
02

緩勾配屋根で住宅屋根のデザインが変わる

スレート屋根や瓦屋根などの従来の住宅屋根は3.5寸前後の勾配が一般的でしたが、「マッタラールーフ7型Ⅱ」は0.5寸勾配にも対応し、屋根勾配の自由度が広がります。

緩勾配の屋根は、高さ制限のある地域において建物の高さを抑えられるほか、1階の屋根勾配を緩くすることで2階に掃き出し窓を設置する等開口を大きくしたり、風を受ける見附け面積が小さくなり風荷重を軽減できます。

緩勾配屋根のメリット

Point
03

つかみ込み不要で美しい仕上がり

アルミ押出型材のケラバ唐草を使うことで、手作業の屋根材つかみ込みが不要になり、安定した美しい仕上がりと高い強度を実現します。

屋根一体型雨とい「元旦内樋」と合わせ軒先までシャープに

「元旦内樋」を軒先に設置することで、屋根と雨といが一体となったシャープな意匠を実現。「元旦内樋」は落ち葉が入らず雨水を取り込むため、危険なメンテナンスを軽減でき、機能性も向上します。

この製品の施工事例