分野別取り組み 「住宅屋根(新築・リフォーム)」

耐久性が高く、軽量な金属屋根。
大型建築で培った高い加工技術と製品精度を住宅屋根に活かし、安全・快適な住まいを提供します。

屋根のリフォームは、既存の屋根を剥がさずに上から新しい金属屋根を被せる「カバー工法」をおすすめします。
大型建築から戸建てまで、金属の特性や施工を熟知した製品を数多く取り揃えています。

 

 

金属屋根は軽量で高耐久

軽量な金属屋根は経年した躯体に負担をかけず、建物の長寿命化に貢献します。
さらに、屋根を軽量にすることで、重い屋根に比べて地震時の揺れを軽減する効果があります。


また、金属屋根にも、素材によって様々な特長があります。
アルミニウム素材は、屋根材の中で最も軽量(鉄の1/3)で高耐久な素材として注目されています。

当社の住宅横葺き金属屋根「断熱ビューティルーフ2」は、カラーアルミ素材もご用意しております。

pic_efforts_home_13

 

建築から43年経過した現在(2016年)では、多少の退色(塗膜劣化)は見受けられますが、屋根の穴あき・漏水はありません。
施主様より「メンテナンスに費用がかからず助かる」との声を頂戴しています。

pic_efforts_home_14

 

 

カバー工法で高断熱にリフォーム 住宅横葺き金属屋根「断熱ビューティルーフ2型」

efforts_house_6

住宅横葺き金属屋根「断熱ビューティルーフ2型」は、屋根材の下に専用の断熱バックアップ材を敷き込んだ、高断熱・高水密な屋根材です。

カバー工法

住宅横葺き金属屋根「断熱ビューティルーフ2型」は、既存の屋根を剥がさずに、軽く耐久性のある金属屋根で上からカバーします。廃材を処分することなく屋根をリフォームできます。
※瓦の場合は、瓦を下ろして金属屋根を施工します。

efforts_house_5

高断熱

金属屋根材の下には「断熱バックアップ材」を敷設します。
構造体の外側に断熱層をつくるため、屋根の表面温度を室内に伝えにくくなります。
夏の寒さ、冬の寒さから建物を守るだけでなく、小屋裏の結露や、雨音を抑制する効果もあります。
efforts-house_17


■断熱性能の比較

efforts-house_2

※室内側表面温度は、屋根面付近温度80℃、室内温度27℃に設定し、熱還流率からの自在の表面温度を算出しています。
※算出した計算は、参考値です。性能を保証するものではありません。

 

高水密

efforts_house_22

金属屋根の下に敷設する「断熱バックアップ材」は防水機能を持っているため、結露により発生した水は屋根外部に排出し腐食を抑制します。
台風等でも高い防水性を実証しています。



意匠性

屋根材同士のジョイントは、継手カバー不要の密着「柵ジョイント(特許工法)」により、カバーレスのすっきりとした美しいデザインを実現します。積雪時の継手カバーの脱落も防止。

efforts_house_9

A邸(神奈川県):断熱ビューティルーフ2型・元旦内樋 施工事例写真はこちら


また、金属屋根と合わせて落ち葉が入らない雨とい「元旦内樋」と「住宅換気棟」を統一カラーで揃え、意匠性を向上させることができます。

屋根と合わせておすすめの製品

落ち葉が入らない雨とい「元旦内樋」

元旦内樋」は、雨水を取り込むように設計した「落ち葉除け」が落ち葉等の詰まりを防ぎ、危険な高所作業を軽減します。急勾配でもしっかり水を取り込むことができます。

※落ち葉除けの孔より小さな葉や砂が入ることがあります。
※設置環境に応じてメンテナンスが必要です。

▼元旦内樋専用サイト


専用取付金具により、金属屋根だけでなくスレートや瓦などの様々な屋根、あらゆる軒先形状に対応し、後付け可能です。

樋に落ち葉除けをフック状に固定し吊り上げる構造によって、吹き上げる風や積雪に強さを発揮します。

 



自然の風力で屋根裏の熱気や湿気を換気する「住宅換気棟」

住宅換気棟」は自然の風力を利用して、屋根裏の熱気や湿気を外部へ排出します。新築・リフォームどちらでも設置可能です。
詳しい換気の仕組みは動画をご覧ください。

 

 

 

 

リフォーム事例

efforts-house_19
S邸(神奈川県藤沢市)スレート屋根から金属屋根へのカバー工法改修
製品:断熱ビューティルーフ2型住宅換気棟 ▶施工事例ページはこちら


efforts-house_13

明正寺 庫裡(神奈川県鶴見区)瓦屋根から金属屋根への葺き替え
製品:断熱ビューティルーフ2型元旦内樋住宅換気棟 ▶施工事例ページはこちら

efforts-house_14

新築におすすめの金属屋根

フラットで美しい水平ライン「マッタラールーフ7型Ⅱ」

住宅用平滑葺き金属屋根「マッタラールーフ7型Ⅱ」は、大型建築で多数実績のある製品をベースに住宅用に開発した製品で、高い耐風圧性能・水密性を有します。
屋根面に桟のない、フラットなデザインです。

efforts_house_16

三井ホームプレミアム 世田谷レジデンス:マッタラールーフ7型Ⅱ・元旦内樋 施工事例写真はこちら


緩勾配屋根のメリット

屋根を緩勾配にすることで、建物に様々なメリットがあります。
屋根を緩勾配にすると建物高さが抑えられるため、天井高さを高くしたり2階にも掃き出し窓を設置したりと、デザインの幅が広がります。
また、屋根形状がフラットになるため、吹き付ける風の影響を受けにくくなります。

efforts_house_17

関連施工事例